接客サービス【ハートマニュアル】接客サービス【ハートマニュアル】 Reception

魚の頭は、お客様に向かって左の向きで出します。

▶詳しくはこちら

料理の「正面」を向けて置きましょう。

▶詳しくはこちら

コーヒーは飲みやすい位置に差しだします。

▶詳しくはこちら

「ごはんは左、汁物は右」に置きましょう。

▶詳しくはこちら

「空いているお皿をおさげしてもよろしいでしょうか」と了解を取ってから、・・・

▶詳しくはこちら

一つ一つの料理はお店のシンボル。心をこめてお持ちしましょう。

▶詳しくはこちら

「運び屋さん」にならないように、行き帰りにもテーブルの上に目配りをしま・・・

▶詳しくはこちら

お客様が手をあげる前にお伺いできるように動作への注意を払いましょう。

▶詳しくはこちら

ドリンク・料理は「音をたてずに」提供しましょう。

▶詳しくはこちら

数種類のドリンクを注文されたら、生ビールは最後に用意してきれいな泡で提・・・

▶詳しくはこちら

乾杯がスムーズにできるように、最初のドリンクは遅れないようにしましょう・・・

▶詳しくはこちら

キッチンへのオーダーは「すみやかに」通しましょう。

▶詳しくはこちら

メニューブックは「見やすく」お渡ししましょう。

▶詳しくはこちら

メニューブックは「受け取りやすい」ようにお渡ししましょう。

▶詳しくはこちら

メニューブックは「すぐに」お持ちしましょう。

▶詳しくはこちら

「お客様を笑顔にする」のは自分の笑顔だと常に意識しましょう。

▶詳しくはこちら

動きをきれいに見せる「ストップ・ザ・モーション」を心がけよう。

▶詳しくはこちら

イスを引いて座りやすくする「しぐさ」を大切にしよう。

▶詳しくはこちら

お客様とは「ほんの少し覗き込むように」お話ししましょう。

▶詳しくはこちら

店で一番人気の席を知っておきましょう。

▶詳しくはこちら

お客様の望まれる席は、最大限受け入れましょう。

▶詳しくはこちら

お客様の進む速度に合わせて席にご案内しましょう。

▶詳しくはこちら

喫煙席か禁煙席かをお聞きしてご案内しましょう。

▶詳しくはこちら

すぐにお客様を席にご案内できるようにしましょう。

▶詳しくはこちら

予約のお客様が来店されてから予約台帳を確認するのはやめましょう。

▶詳しくはこちら

「ピンと指先を伸ばして姿勢よく」お客様をお迎えしましょう

▶詳しくはこちら

入口にお客様の気配がないか、常に気にしましょう。

▶詳しくはこちら

雨の日は、「傘をお忘れなく」のひと言をおかけしましょう。

▶詳しくはこちら

相席をお願いするときには、きちんとした手順を追ってお客様に説明します。

▶詳しくはこちら

こぼしたり、失敗したら、すぐに「失礼しました」「申し訳ございません」と・・・

▶詳しくはこちら

電話でも「笑顔」を伝えましょう。

▶詳しくはこちら

電話に出たら、きちんと店名を名乗りましょう。

▶詳しくはこちら

電話に3コール以上で出たら、「お待たせしました」を第一声に。

▶詳しくはこちら

電話に出たら、まず「お電話ありがとうございます」を。

▶詳しくはこちら

レジを打つときは、声を出して確認しながら。

▶詳しくはこちら

レジでお客様にかける「ひと言」を工夫しましょう。

▶詳しくはこちら

ご予約のお客様には、「お待ちしておりました」を言いましょう。

▶詳しくはこちら

ご予約のお客様には、「お名前」で応対しましょう。

▶詳しくはこちら

「お待たせしました」を大事に言いましょう。

▶詳しくはこちら

「1万円からでよろしかったでしょうか?」ではなく、「1万円いただきます・・・

▶詳しくはこちら

いただいた金額は、声を出して確認して受け取ります。

▶詳しくはこちら

スタッフに協力してもらったときも「ありがとう」と、すぐにお礼を言おう。

▶詳しくはこちら

スタッフの仲間にも声をかけ合って仕事をしましょう。

▶詳しくはこちら

声を出して仕事をしましょう。

▶詳しくはこちら

「忙しい」「疲れた」は口にしないようにしましょう。

▶詳しくはこちら

忙しいときは、「ハイ」という返事を普段より元気よく言ってみよう。

▶詳しくはこちら

「ラストオーダーになります」をお伝えするときは言い方に注意。

▶詳しくはこちら

「熱いうちにお召し上がりください」とひと言、言い添えましょう。

▶詳しくはこちら

知り合いが来店しても、「いらっしゃいませ」の挨拶から。

▶詳しくはこちら

テーブルの上はお客様の空間。「失礼します」と声をかけて、提供したり下げ・・・

▶詳しくはこちら

PAGE TOP