接客サービス【ハートマニュアル】接客サービス【ハートマニュアル】 Reception

電話の向こうのお客様に、あなたの笑顔を伝えるには、どうしたらいいでしょ・・・

▶詳しくはこちら

「はい」という返事で、お客様に喜んでもらうには、どんな言い方をすれば良・・・

▶詳しくはこちら

プロらしいお辞儀、スマートなお辞儀は、どうすればできるでしょうか?

▶詳しくはこちら

お客様の目を見て接客サービスをします。どういう風に見るのが良いでしょう・・・

▶詳しくはこちら

「ありがとうございました」を、もっと印象深く言うには、どんな言い方をし・・・

▶詳しくはこちら

「ありがとうございました」の後に続ける挨拶、一言のバリエーションを持ち・・・

▶詳しくはこちら

「いらっしゃいませ」の後に続ける挨拶、一言のバリエーションを持ちましょ・・・

▶詳しくはこちら

お客様にすぐ好感をもたれる「いらっしゃいませ」は、どんな言い方をしたら・・・

▶詳しくはこちら

お客様に喜ばれたら、そのことを他のお客様にもしてみましょう。

▶詳しくはこちら

清潔さの基本は手洗い。爪の先までキチンと洗いましょう。

▶詳しくはこちら

お客様の「顔」を覚えるようにしましょう。

▶詳しくはこちら

お店のランチ、セットメニューなど、商品内容のことを覚えましょう。

▶詳しくはこちら

「今日の仕事」を理解してから仕事を始めよう。

▶詳しくはこちら

お店の営業時間・定休日などを覚えましょう。

▶詳しくはこちら

「連絡」は、こまめに要領よくしましょう。

▶詳しくはこちら

「報告しなくてもいいかな」と一瞬思ったことも、報告しましょう。

▶詳しくはこちら

「報告」は、正確にしましょう。

▶詳しくはこちら

自分のポジションをしっかり守りましょう。

▶詳しくはこちら

常にチャレンジする気持ちを忘れずに。

▶詳しくはこちら

自分を「激励」して仕事をしましょう。

▶詳しくはこちら

忙しいときは、普段の「倍」の気配りを心掛けましょう。

▶詳しくはこちら

お客様はみな、「幼いお子様」か「お年寄り」だと思っておもてなししましょ・・・

▶詳しくはこちら

お客様を「5秒」でも待たせることは大変失礼なことだと思いましょう。

▶詳しくはこちら

他のスタッフがミスをしたとき、手伝うことはないか、フォローしましょう。

▶詳しくはこちら

食器、グラスは丁寧に扱いましょう。

▶詳しくはこちら

お冷やのグラスの底、コーヒーカップの底が濡れていたら拭いて提供します。

▶詳しくはこちら

こぼしたり、落としたりしたら、まず、お客様の安全確認をします。

▶詳しくはこちら

灰皿を提供するときは、灰皿が濡れていないか確認しましょう。

▶詳しくはこちら

お客様の「食べ残し」はキッチンに報告しましょう。

▶詳しくはこちら

食器のヒビ、カケがないかチェックしましょう。

▶詳しくはこちら

「料理は上座から提供する」ことも知っておきましょう。

▶詳しくはこちら

駐車場や植え込みも「店の一部」として見ましょう。

▶詳しくはこちら

店頭の掃除をしているときは、通行人やご近所の人に挨拶をしましょう。

▶詳しくはこちら

メニューブックは大切に扱いましょう。

▶詳しくはこちら

お客様から苦情やクレームをいただいたら、すぐに対処できることはしましょ・・・

▶詳しくはこちら

店内の通路でお客様とすれ違うときは、立ち止まってお客様を先にお通ししま・・・

▶詳しくはこちら

電話で伝言を受けたら、相手の名前、連絡先、用件を読めるようにメモを。

▶詳しくはこちら

電話で用件を聞く場合は、メモをとりましょう。

▶詳しくはこちら

電話には飛んで出ましょう。

▶詳しくはこちら

指や手にケガをしたらバンソウコウを。バンソウコウは汚れたらすぐに取り替・・・

▶詳しくはこちら

自分の「後ろ姿」も清潔かを気にしましょう。

▶詳しくはこちら

靴の汚れにも気をつけましょう。

▶詳しくはこちら

ユニフォームは自己責任で清潔にしましょう。

▶詳しくはこちら

長い髪の人は、仕事中はまとめましょう。

▶詳しくはこちら

香水、化粧品、シャンプーの香りは、仕事中はごく控えめに。

▶詳しくはこちら

アクセサリーは極力つけないようにしましょう。

▶詳しくはこちら

濡れた手のまま、接客の仕事をしないようにしよう。

▶詳しくはこちら

忘れ物があったら、保管は、決められた場所に。

▶詳しくはこちら

忘れ物がないか、すぐにチェックしましょう。

▶詳しくはこちら

お見送りのお辞儀は、お迎えの時より深くしましょう。

▶詳しくはこちら

PAGE TOP