接客サービス【ハートマニュアル】接客サービス【ハートマニュアル】 Reception

電話に出たら、きちんと店名を名乗りましょう。

▶詳しくはこちら

電話に3コール以上で出たら、「お待たせしました」を第一声に。

▶詳しくはこちら

電話に出たら、まず「お電話ありがとうございます」を。

▶詳しくはこちら

レジを打つときは、声を出して確認しながら。

▶詳しくはこちら

レジでお客様にかける「ひと言」を工夫しましょう。

▶詳しくはこちら

ご予約のお客様には、「お待ちしておりました」を言いましょう。

▶詳しくはこちら

ご予約のお客様には、「お名前」で応対しましょう。

▶詳しくはこちら

「お待たせしました」を大事に言いましょう。

▶詳しくはこちら

「1万円からでよろしかったでしょうか?」ではなく、「1万円いただきます・・・

▶詳しくはこちら

いただいた金額は、声を出して確認して受け取ります。

▶詳しくはこちら

スタッフに協力してもらったときも「ありがとう」と、すぐにお礼を言おう。

▶詳しくはこちら

スタッフの仲間にも声をかけ合って仕事をしましょう。

▶詳しくはこちら

声を出して仕事をしましょう。

▶詳しくはこちら

「忙しい」「疲れた」は口にしないようにしましょう。

▶詳しくはこちら

忙しいときは、「ハイ」という返事を普段より元気よく言ってみよう。

▶詳しくはこちら

「ラストオーダーになります」をお伝えするときは言い方に注意。

▶詳しくはこちら

「熱いうちにお召し上がりください」とひと言、言い添えましょう。

▶詳しくはこちら

知り合いが来店しても、「いらっしゃいませ」の挨拶から。

▶詳しくはこちら

テーブルの上はお客様の空間。「失礼します」と声をかけて、提供したり下げ・・・

▶詳しくはこちら

メニューブックに書いてあっても、「ハーフサイズもございますが」と提案し・・・

▶詳しくはこちら

キッチンへオーダーを通すときも、ハキハキした声で。

▶詳しくはこちら

お客様にご協力いただいたときは、そのつど「ありがとうございます」を言い・・・

▶詳しくはこちら

ご注文をいただいたら、「ありがとうございます」を忘れずに。

▶詳しくはこちら

「これは量が多いので、お一つでお分けになってもよろしいと思います」と、・・・

▶詳しくはこちら

「メニューの味」の説明ができるようになりましょう。

▶詳しくはこちら

「おすすめは何?」と尋ねられたら、自分の好きなメニューをおすすめしまし・・・

▶詳しくはこちら

おすすめする理由を説明できるのが、本当の「丁寧」です。

▶詳しくはこちら

「失礼します」「恐れ入ります」「申し訳ございません」を上手に使えるよう・・・

▶詳しくはこちら

「本日のおすすめ」をきちんと説明できるようにしましょう。

▶詳しくはこちら

注文を受ける前に、品切れ・売り切れの説明をしましょう。

▶詳しくはこちら

スタッフの同僚や後輩の名前を呼ぶとき、「さん」付けで呼ぼう。

▶詳しくはこちら

調理に時間がかかるものは、「お時間がかかりますが」と了解を得ましょう。

▶詳しくはこちら

客席で笑うのはやめましょう。

▶詳しくはこちら

客席で「私語」は絶対にやめましょう。

▶詳しくはこちら

注文の品を復唱するときも、アイコンタクトをしっかり。

▶詳しくはこちら

注文は、聞き取れなかったら、そのつど確認して聞き取るように。

▶詳しくはこちら

喫煙席・禁煙席の希望に沿えない時は、「申し訳ございません」と謝ってから・・・

▶詳しくはこちら

お客様に説明するときは、わかりやすく、大きな声でゆっくりと話しましょう・・・

▶詳しくはこちら

「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」を歩きながら言うのはや・・・

▶詳しくはこちら

言葉づかいは「丁寧に、はっきりと」を意識しましょう。

▶詳しくはこちら

「ハイ」という返事は「明るく、ハッキリ、感じよく」

▶詳しくはこちら

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」で他のスタッフを元気にし・・・

▶詳しくはこちら

「ありがとうございました」は、店内のお客様も意識して言いましょう。

▶詳しくはこちら

スタッフの「いらっしゃいませ」の声に反応して「いらっしゃいませ」を言お・・・

▶詳しくはこちら

「いらっしゃいませ」は、笑顔とセットで言えるようにしましょう。

▶詳しくはこちら

お客さまが3名でいらしたら、3名に「いらっしゃいませ」を言おう。

▶詳しくはこちら

離れていても、「いらっしゃいませ」は、お客さまのほうに顔を向けて言いま・・・

▶詳しくはこちら

「いらっしゃいませ」は、あなたの一番元気な声で言いましょう。

▶詳しくはこちら

お客様の目を見て、笑顔で声を出しましょう。

▶詳しくはこちら

接客用語は、お腹から声を出して言いましょう。

▶詳しくはこちら

PAGE TOP